12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-13 (Mon)
先月のブログにも載せました「セキレイの卵」のその後です。
親鳥が辺りを警戒しながら一生懸命卵を温めている姿を遠巻きに
観察していました。



ヒナにかえるのもそろそろかなぁ なんて思いながらそぉーっと近づいてみると・・・
なんと!卵が消えているではありませんか。
いつの間に巣立ったのかと思いつつ、それにしてもヒナの姿も見かけていないし。
よっぽど栄養の良いえさを食べて何処かへ旅立ってしまったのでしょうか。
なんか今ひとつ不完全燃焼です。

P1010843.jpg

同じ日、いわやの中庭で卵の殻を発見!
何でこんな処に・・・。

P1010839.jpg

近づいてみると、小さな穴が開いてます。
もしや、今ここからヒナが出てくるのでは・・・と思いつつ
卵をひっくり返してみると。

P1010841.jpg

まさに、もぬけの殻。
あぁ可愛そうに他の鳥か動物に食べられてしまったのか。
動物の世界は弱肉強食。仕方ないのかなぁ。
会社の事務所に戻ってこの話しをすると、一人の社員が
「この前巣の中に小さなヒナがいるのを見かけましたよ」と。
ってことは・・・。思わず胸を撫で下ろしました。(ホッ)
詳しく聞いてみると、ずいぶん前にヒナにかえっていたとのこと。
あまり近づいてはいけないと思うばかりで、いつの間にか「チラ見」
さえするのを忘れていました。

P1010840.jpg

とりあえず一件落着。
上から2枚目の巣のアップ写真をよくよく見てみると
確かにヒナの産毛のような物が見えます。
それにしてもいつの間に。
しかし、あの中庭の卵の殻は一体何だったんだろう?
まあ確かにヒナになったのだから深く考えるのはやめておきます。
人の心配もよそに、まったく。
「親の心子知らず」とは良く言ったものです。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。