123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-25 (Sat)
皆様大変お待たせ致しました。

23日に盛大に行われました、クライマックスの「みこしまくり」です。
当館より徒歩2分の広小路で、午後9時頃から始まりました。

まず、お神輿を横に転がす “横まくり” です。
P1010892.jpg

IMGP0497.jpg

IMGP0495.jpg

「惣助!幸助!」の掛け声とともに枠持ち衆が重さ約400キロもある御神輿を
徐々に持ち上げて一気に転がします。「ゴロッ、ドーン」何とも表現しがたい
鈍い音を立てて御神輿は何度もまくられます。
その際、こわれた御神輿の破片を求めて、周りの聴衆が我を我をと枠持ち衆に
木片をねだります。実はこの木片ただの木ではありません。
御神輿の木片を拾う(もらう)と、それは一年間の無病息災のお守りになると
昔からいわれがあるのです。「木曽路の宿 いわや」の社長もその昔、御神輿の
ギボシ(御神輿のてっぺんにあるソフトボール大の木の塊)が、まくった際に自分の
目の前に偶然転がってきてもらうことが出来たのですが、その年は大変に商売が
繁盛したそうです。


IMGP0505.jpg

IMGP0501.jpg

IMGP0500.jpg

さぁ、いよいよ、クライマックスの縦まくりです。長さ約5メートルの御神輿が
じわじわと持ち上がり「ずしぃーん」と地響きがなります。途中何度か御神輿を
補修しながら約二時間「みこしまくり」は続きました。

P1010898.jpg

P1010899.jpg

午後11時、御神輿は枠持ち衆とともにお宮への帰路につきました。
天下の奇祭 「みこしまくり」 は毎年7月23日に行われます。
(7月22日は御神輿の町内練り歩きと大花火大会があります)

信州 木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL 0264‐22‐2015

スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。