-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-31 (Fri)
今年で第4回目を迎える木曽の秋のロックコンサートです。
木曽町内にあるキャンプ場で始めたこの企画も年々来場者が増えて来ました。

P1010924.jpg

町内の若者(おじさんもいます)が中心となって行う本当の手作りイベントです。
この町の特徴と言いますか、七不思議と言いますか、町内イベントの
スタッフは殆んどボランティアです。
ステージの組み立てなどはお茶の子さいさい。新規のイベントでもあっと
言う間に見事成し遂げてしまいます。先輩から後輩へ受け継がれてきた
伝統というほかにありません。各自の仕事があるにも関わらず文句の
ひとつも言わず、皆黙々と協力してくれます。本当に頭の下がる思いです。



さて、このロックフェスティバルですが9月26日(土)、27日(日)の二日間に
渡って行われます。
「48時間フルタイム森林浴!山奥の秘密 ゆるゆる系ROCKフェス!」の
キャッチフレーズ通り、基本キャンプ場にテントを張ってロックを聴きながら
エンジョイする催しなのですが、今年はおかげさまでキャンプ場の予約が
ほぼ満杯のようです。(チケットは若干余裕があるそうです)
でも、中にはお泊りは温泉にゆっくり浸かって温かいお布団で眠りたい。
というお客様は、是非 「木曽路の宿 いわや」 にご宿泊なされては
いかがでしょうか。初秋の木曽の夜は意外と冷えます。(朝晩は5℃前後)
また両日、会場となる「キャンピングフィールド木曽古道}では「BBQ検定」
なるものが開催されます。(日本BBQ協会主催)ご興味のある方は是非
チャレンジしてみて下さい。

ロックフェスティバルとBBQ検定のお問い合わせは
「キャンピングフィールド木曽古道」 http://www.kisokodo.com へどうぞ。 

P1010927.jpg

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015

スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-30 (Thu)


新築及び改修工事をして、早11年が経ちました。

先日は、最上階の展望露天風呂をリニューアル致しましたが
以前より気になっていました、新館客室の広縁部分に置いてある
3点セットの椅子を今回は新しく致しました。

と申しますのも、以前使用しておりました椅子は
背もたれの部分が布地が無いタイプで
若干寛ぐには不向きかなと・・・気になっており
今回、たまたま漆器祭りで見かけた椅子が
デザイン、色共に気に入り購入の運びとなりました。

P1010919.jpg

丁度、背中の中央背骨の当たる部分が布地張りになっていて
硬さも程良く、色柄共に、新館のお部屋に良いのではと思っております^^

P1010921.jpg

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015



| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-29 (Wed)
5年程前より 「木曽路の宿 いわや」 では
館内専用のお手荷物持ち運び籠を
各お部屋にご用意致しております。



用途は様々ですが、
多くのお客様は大浴場に行かれる際に
浴衣や下着類をこちらの籠に入れてお持ちになられます。

P1010915.jpg

当館では、各お部屋によって設置している籠の種類や大きさを変えて居ります。

P1010922.jpg

ですので、どのタイプの籠になるかはお部屋によって異なります。

こちらの手提げ籠、お客様に大変好評でして
中には欲しいとおっしゃって頂けることも・・・。
しかしながら、残念なことに販売はしておりません。

少しでも、お客様に便利にそして
館内を快適にお過ごし頂ける様なサービスをと思って始めた訳ですが
設置した当初から、お客様に喜んで頂いた事は本当に光栄に思っております^^

今後も、お客様のご要望に応えるべく
様々なアイデアを、無い知恵を絞って考えてまいりますのでご期待下さいませ。

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-28 (Tue)

先日早朝、当館の専務が、木曽川でラフティングの試運転を行いました。
今年は木曽川の水量も豊富で例年にないGOODコンディションです。

IMGP2262.jpg
木曽川のラフティングの特徴は、
?木曽福島の街の中を下っていくので、ボートから町並みを眺めることができる。
?比較的穏やかな水流なので、お子さんからお年寄りまで楽しめる。
?体験時間が約2~3時間程度なので、手軽に楽しめる。
?でもでも、それなりにスリルも楽しめる。
?全国名水100選でもあり水がとてもきれいで、鮎などの魚も見ることが出来る。 等等です。

IMGP2219.jpg

上下の写真は行人橋の橋げたの間をすり抜けるところです。
流れは結構急な場所で、第一の難関です。

IMGP3032.jpg

これ以下3枚の写真は、ゴール手前の難関 広畔橋のえん堤です。
落差3メートルほどありますが、体感落差はそれ以上です。(結構しびれますよ)
下りる手前10メートル位から、なぜか「ジョーズ」のテーマが頭の中を駆け巡ります。
(ジャージャン、ジャージャン、ジャンジャンジャン・・・というやつです)

IMGP3072.jpg
IMGP3073.jpg
IMGP3074.jpg

木曽の短い夏のエンジョイスポーツ、木曽川ラフティングを是非体験してみてください!
いい思い出作りが出来ますよ。

PICT0610.jpg

こちらのラフティングに興味のある方は、下記までお問い合わせ下さい。
木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015

また、ホームページにはラフティングと宿泊がセットになったプランが
ございますので、是非この機会にお試し下さい → 木曽川ラフティングプラン
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-27 (Mon)
いわやには、女性の方向けのサービスとしまして
通常のお部屋備え付けの浴衣の他に
色とりどりの浴衣の貸し出しサービスがあります。



ご自分で帯を結んで頂く手結びの帯の他に
ワンタッチで形成された帯を簡単に取り付ける
作り帯もございますので、お気軽にお召し頂けるかと思います。

IMGP0257.jpg

IMGP0264.jpg

8月から、いわやのすぐ近くの会場で
盆踊りなどのイベントも開催されますので
色浴衣を着てお出掛けになられてはいかがでしょうか?

通常色浴衣レンタルは、1枚525円でお貸し出しさせて頂いておりますが
こちらをご覧になった旨、フロントにてお申し込み頂きますと
315円にて割引サービスさせて頂きます。

ご自身で着付けをなさるのが、ご不安な方は
若女将がお手伝いさせて頂きますので
ご遠慮なくお申し付け下さい。

IMGP0258.jpg

夕涼みがてら、色浴衣で木曽路の街を散策されるのも
夏の思い出になってよろしいかと思います。

是非ご利用下さいませ。

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015





| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-26 (Sun)
星の数ほどある観光地の中で、
皆様は何に重点をおいて「その場所に行こう!」と思われますでしょうか?

と・・・これがわかればどこの観光地でも頭悩まさずに済むのでしょうが。。。

木曽路もご多聞に漏れず、多くのお客様に木曽の良さを知って頂き
まずは一度お越し頂くべく、あれこれとPRをしております。

そんな中、木曽町商工会が主体となって観光誘致対策に取り組んでます。
その名も 「体と心の解毒事業、都市在住者に体と心の美・健康を提供」

すごいネーミングですよね。もう少し分かり易く言い換えると、都会で働くOLさんが
木曽へお来しになって、日頃たまったストレスの解消とリフレッシュをしていただく旅。

木曽の豊かな自然とふれあい、健康食を召し上がっていただき、おまけにエステも
含めたセラピー体験効果で満喫・・・  お分かりになりましたか?

そんなこと、木曽へ行かなくっても・・と思う方もいらっしゃるでしょうが・・・
今年の秋には(10月下旬頃の予定)モニターツアーも企画しております。
木曽ならではの、プチ修行体験や森林セラピー、特産品を活用した山里スイーツ、
はたまた基礎化粧品の開発等々盛りだくさんの内容です。

当館の専務と若女将もこのプロジェクトのメンバーに入っておりまして、無い知恵を
絞りながら、木曽を訪れるお客様に少しでも喜んでいただけるよう鋭意努力中です。

木曽らしさ、木曽でしか体験できないプログラムを実現すべく
メンバーの一員として微力ながら参加してまいりますので
今後少しずつでもブログでお知らせできたらと思っております。

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-25 (Sat)
皆様大変お待たせ致しました。

23日に盛大に行われました、クライマックスの「みこしまくり」です。
当館より徒歩2分の広小路で、午後9時頃から始まりました。

まず、お神輿を横に転がす “横まくり” です。
P1010892.jpg

IMGP0497.jpg

IMGP0495.jpg

「惣助!幸助!」の掛け声とともに枠持ち衆が重さ約400キロもある御神輿を
徐々に持ち上げて一気に転がします。「ゴロッ、ドーン」何とも表現しがたい
鈍い音を立てて御神輿は何度もまくられます。
その際、こわれた御神輿の破片を求めて、周りの聴衆が我を我をと枠持ち衆に
木片をねだります。実はこの木片ただの木ではありません。
御神輿の木片を拾う(もらう)と、それは一年間の無病息災のお守りになると
昔からいわれがあるのです。「木曽路の宿 いわや」の社長もその昔、御神輿の
ギボシ(御神輿のてっぺんにあるソフトボール大の木の塊)が、まくった際に自分の
目の前に偶然転がってきてもらうことが出来たのですが、その年は大変に商売が
繁盛したそうです。


IMGP0505.jpg

IMGP0501.jpg

IMGP0500.jpg

さぁ、いよいよ、クライマックスの縦まくりです。長さ約5メートルの御神輿が
じわじわと持ち上がり「ずしぃーん」と地響きがなります。途中何度か御神輿を
補修しながら約二時間「みこしまくり」は続きました。

P1010898.jpg

P1010899.jpg

午後11時、御神輿は枠持ち衆とともにお宮への帰路につきました。
天下の奇祭 「みこしまくり」 は毎年7月23日に行われます。
(7月22日は御神輿の町内練り歩きと大花火大会があります)

信州 木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL 0264‐22‐2015

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-24 (Fri)
「みこしまくり」も2日目。昨日とは打って変わって日差しが強く差し込み、気温がグングン上がっていきます。

IMGP0479.jpg

担ぎ手も2日目となり、若干疲れがみえます。

お昼頃、御旅所という2日目のお神輿の出発地点から
いわや前に到着するのですが、
その際に、まず「木曽路の宿 いわや」の前で
いの一番にお神輿を落として下さいます。

これは昔からで、先々代はいつも「有難い有難い」と申して居りました。
本当に有難いことだと思います。

IMGP0480.jpg

IMGP0481.jpg

炎天下の中、400kgもあるお神輿を担いで
2日間町内を練り歩くのは、容易なことではありません。
担ぎ手の方はもちろん、神社の禰宜様や同行する皆さんもご苦労な事だと思います。

IMGP0489.jpg

夕刻近くなり、周りの見物客も増えて来ました。

この後、食事を摂ってクライマックスのみこしまくりが始まります。

続いて、最高潮のみこしまくりをアップする予定でしたが
仕事の方が立て込んできてしまいましたので
大変申し訳ございません・・・明日必ずアップさせて頂きます。

信州 木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL 0264‐22‐2015


| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-23 (Thu)


昨日22日のみこしまくりには、お天気に恵まれ
夜の花火も翌日に延期されることなく
綺麗に夏の夜空を彩りました。

あいにく、カメラの腕がなく(泣)
花火をデジカメに収めることが出来なかったのですが
いわやの指定席だけはばっちり収めました^^;

例年のことですが、
みこしまくりに当館にお泊り頂くお客様の為に、
いわや前の駐車スペースに椅子を設けて
花火をご覧頂く{花火鑑賞席}をご用意しております。

P1010886.jpg

こちらの鑑賞席からは、夜空に上がる花火を
正面に真っ直ぐご覧頂けます。

P1010887.jpg
夜空ではございませんが、こちらに花火があがります。
なかなかの穴場?だと自負しております^^

本日はこれから、メインイベントの「みこしまくり」が始まります。
夜中遅くまで、担ぎ手がお神輿を縦に横に転がし
(これを方言でまくると言い、そこからみこしまくりと名づけられました)
最後には原型を留めない形になることも・・・。

その模様は明日ゆっくりアップさせて頂きますので。

勇壮な木曽の奇祭 「みこしまくり」 
是非一度見にいらして下さい。

信州 木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
〒 397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL 0264‐22‐2015
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-07-22 (Wed)


 午前中からお昼頃にかけて、どんよりとした雲が広がっていましたが、午後になると少し青空も出るようになりました。雨の心配も無くなり、絶好のお祭り日和となりそうです(^^d

IMGP0436.jpg

お囃子の音楽とともに山車が先頭を切って進んできます。
この日のために、毎晩一生懸命練習をしてきた子供たちが成果を披露します。

そしてその後には。。。

IMGP0435.jpg

精進をしてきた男衆が、重量400キロ余りあるお神輿を担ぎ練り歩きます。
今日はまだ少し涼しいですが、明日は暑くなりそうです。(大変そう~!)
まだピカピカのお神輿は見ていて気持ちがいいですが、明日にもなるとこのお神輿の形が少し変わってきます。(落としたり転がしたりしますので、段々壊れていきます。)

まだ始まったばかりの「みこしまくり」。明日の夜が最高潮を迎えます!!
どうぞお時間のある方は、この迫力あるお祭りをご覧になりにいらしてください。

木曽 天然温泉 老舗の宿 「木曽路の宿 いわや」
お問い合わせは 〒397-0001 長野県木曽郡木曽町福島5169  TEL0264-22-2015





| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。